TOEICの試験内容について

TOEICの試験内容について

TOEICを受けてみようと考えている人も少なくないんじゃないでしょうか。ただ、基本的に過去問と言う物がありません。試験の終わりに問題集が回収されますので、絶対的に経験が多い人の方が良い点を取りやすいという傾向があります。ただ、それでも最初から満点を取れる人もいますし、そういう人は帰国子女だったりしますが、要はどういう問題が出るのかと言う事をしっかりと把握することから始めるのが大事になっていきます。基本的にリスニング、読解共に100問ずつあります。リスニングは4パターンに分かれており、読解は、英文と文法とが大きく分かれています。どの問題にもしっかりとした傾向がありますし、対策を取ることによって、ある程度の点数を取ることが出来ます。更に高得点を狙うのは。過去に何度も受けた人の問題集を勉強すると良いです。

TOEICのリスニングについて

TOEICのリスニングに付いては基本的に4パターンに分かれています。最初の10問が写真を見ながら4本ほど例文が流れて行き、その中で一番行動が合っている物を選択するという事になります。此処では名詞の理解と共に、受け身などがしっかりと把握しているかどうかがカギになると言われています。次が例文が流れており、それに対しての返答を4つの内から選ぶ問題になっています。基本的に一番直ぐに点数が上がる場所とも言われており、特にテスト前は個々のパートを重点的に行うと良いかもしれません。3、4番目はある程度の長さを聞いて答える形となります。3番目は2人位の会話からの答えを導き出す問題。4番目は一人で淡々と流れる問題です。抑揚が無く、淡々と行くのでパート4は一番難しいと言われますし、此処で高得点を取れば、かなりの点数が見込めます。

TOEICの読解に付いて

TOEICの読解は、リスニングに比べて基本的に点数が高く出ると言われています。色々な考えがあるようですが、例えば、学校教育では基本的に読解を中心に行ってきた。他には問題が一度しか聞くことが出来ないリスニングに比べて、読解は時間が許す限り、何度も見ることが出来るという所が大きいです。ですので、基本的に読解の方が高い点数が出る人が多いようです。そんな中、内容としては40問ほど文法が入ってきます。此方も学校教育で何度も勉強してきている分、慣れている人が多いのかもしれません。次が穴埋め問題。此方は慣れが必要になっていきますが、読解と文法の中間のようですので、時間が直ぐに解決すると感じます。そして、英文をひたすら読んで、約40問ほどこなしていきます。どれも学校教育での経験が生かされるので、それ程リスニングに比べて抵抗ないのが現状です。