TOEICについて考えました

TOEICについて考えました

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テストのことです。テストの結果は合否や級ではなく、10点から990点までのスコアで表されます。評価の基準は常に一定なので、英語の能力を正確に測ることが出来ます。スコアを目標にすることもできます。大学では推薦入試の判断基準になったり、単位認定に使用されることもあります。企業では自己啓発だけでなく、昇進や昇格の際の基準としても利用されています。TOEICはリスニングとリーディングからなります。それぞれに対応できるよう事前の勉強が必要です。また問題数も多いので、ペースよく答えていく必要がありますので、これも事前準備が必要です。企業はTOEICのスコア600点以上が履歴書に書ける基準としています。これは国立、私立大学の一般入試に合格するレベルです。600点以上なら文法の理解も出来ていて、英語も聞き取れるということです。適切な文法を使って英語での文章のやり取りが出来ると判断されるからです。

TOEICを受けよう

近年では海外進出を意識しているためか、ほとんどの企業が英会話の能力を重要視しています。海外に事業を置くと言うことは外国の人とも関わる様になると言うことです。当然コミュニケーションが取れなければお互いの考えが分からずに話にならないので、英会話ができる人材を欲するのは当然と言えます。どれくらい英会話ができるかの判断基準として、多くの企業がTOEICの点数を参考にしています。中には就職後に受験させる企業もあります。一定数以上の点数を取っていると優遇されることもあります。もし今就職活動をしていて、何か資格を取りたいと思っているのであればTOEICを受験してみてはどうでしょうか。英会話は普段の生活でも役立つことが結構あります。就職でも日常生活でも役立つので取っておいて損はありません。ただし、高い点数を取るにはかなりの勉強が必要になります。

TOEICについて考えること

自分は最近TOEICを受けました。受けてみて思ったことや、必要性について考えていきます。まずはTOEICを受けてみて思ったことです。これはまず、ネイティブスピーカーの言葉を聞き取ることに一生懸命でした。そこで日本人はもっと英語を聞くことをしたほうが良いと感じました。そうすればもし英語圏に行ってもきちんと対応できるなと感じました。次にの必要性についてです。これはとても良いものだと考えています。なぜなら、英語検定などであれば、日本の中の自分のレベルしかわかりませんが、TOEICであれば、世界の自分のレベルを知ることができます。なので、一回は受けてみたほうが良いです。そして自分の英語のレベルを知るとそれからの英語に対する考え方や使い方にも影響してくると思うので、英語をより使うようになり、テストの結果だけでなく、それ以上の成果を得ることができると考えています。