TOEICのスコア事情

TOEICのスコア事情

TOEICというのは言うまでもなく英語資格の一つですが、英検と大きく異なることがあります。まずTOEICというのは合格、不合格というものではなく「スコア制」を取っていることです。満点が990点でリスニング495点、リーディング495点満点です。そしてこの肝心なスコアですが、これは公表されておりません。素点ではなく統計的処理が施されていると言われています。素点ではないので「1問○○点」というものではありません。例えばリスニングパートですと、全問正解をしなくても495点満点が出ると言われています。最高で4問ミスまで満点になることがあるようです。また、受験者の中で解答が著しく割れた問題に関しては無効扱いになるとも言われています。以上のようにTOEICのスコアはかなり複雑に構成されていますので、「どこで何点得点する」ということはできません。しかし一つハッキリと言えることは、正答率が高ければスコアは必ず上がるということです。

TOEICで世界で活躍しよう。

日本経済においてはバブル景気の崩壊から続いてきている不景気が依然として続いてきています。一部の業種や業界においては好景気に沸いているとの報道もありますが、そのような現象はほんの一部にとどまっています。そのために多くの企業や事業所そしてそのようなところで働いているサラリーマンなどは、景気の回復を感じてはいないことでしょう。企業の業績が悪化してきているのは国内消費の低迷が大きいことでしょう。消費意欲の減退から製品やサービスが売れてこないことが企業業績に直撃しています。また日本国内の市場においては人口減少からますます縮小していくことが確実視されています。そこで重要になってくるのが海外市場への進出になります。そのためには国際的に活躍することができる人材が必要になってきまし、TOEICなどの国際資格を所有していれば今後の活躍の幅が広がってくることでしょう。

TOEICはこれからも重要になってきます。

日本におけるバブル経済の崩壊から続いてきている経済活動の低迷してきている状況は、今後も容易には回復してくることはないでしょう。長引く景気の低迷は多くの人達において消費に対する姿勢を慎重なものとさせました。また少子化や高齢化が急速に進行してきたことで年金制度や医療制度などの社会保障体制の維持運営に対する不安も高まってきていますので、より消費活動に対して慎重になってきており、そのために日本国内における消費規模はますます縮小していくことが予想されています。そこで企業や事業所においては業績を回復させるためにも海外市場へと進出することが必要不可欠になってきています。このような流れは大手企業のみならず中小企業や零細企業においても加速していくことでしょう。TOEICなどの国際的な資格などがこれからのビジネスには必須になることは間違いありません。

他社との違いは本物の英語力を養うことで、試験での得点だけではなく、実際に会話で使用できる英語力を身につけることができます。 TOEICの得点をアップし、ビジネスで通用する本物の英語力を培うという目的で追求・開発した学習法が成果を上げるイングリッシュスクールです。 当社の強みは常に最高レベルの教材の質を保ち続けることで、英語力を身につけるための、正しい努力をしていきます。 TOEICで700点台を目指すならエッセンスイングリッシュスクールへ